忍者ブログ

それは、黒蜥蜴が歩いた道しるべ。

2018 . 09
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2018/09 10
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    最新コメント
    [10/23 ガウド]
    [10/23 緋空]
    [09/20 ガウド]
    [09/18 メルティ]
    最新記事
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    ガウド
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    〇片手に全ての思いを込める・ガウド(a72263)
    武道家の黒い蜥蜴人(リザードマン)

    〇緑翔双哉(b54580)
    クルースニク×フリッカークラブ


    ◎その他、大勢←
    最古記事
    フリーエリア

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    止まっているのは苦手なの…
    常に動いていないとね!

    そう、決意したのは、いつの日か……







    ガウド「…ねぇ、緑翔くん。俺、聞いた話なんだけどさぁ…!」

    緑翔「……知ってます、ボクはずいぶんと前から、知っていましたけど…」

    ガウド「…へ、へぇー…俺にも教えてくれても良いじゃないかぁ!なんか俺が馬鹿みたいじゃない…ッ!」

    緑翔「………(あえて無視)…まぁ、知らなくても知ってても問題ない事、だと思いましたよ」



    ガウド「…問題は大いにあるでしょう!?俺達の同背後達は、結構な目撃率を誇ってるんだよ!?」

    ガウド「例えていうなら、【ユメの在る所】に居る人。…少なくても5人は俺だぁ!」

    緑翔「……突然、暴露を始めないで下さいませんか。……心臓にも悪いです」

    ガウド「こういうのって…突然言ってこそ、でしょう?…最大限の暴露といえば、ユメの在る所にエントリーしていない同背もほか数名、あの旅団と友好を結んだ先にいるっ!ぶっちゃけ、誰が俺と同背後の繋がりを知っているか覚えてないっ!!(偉そうに)ちなみに、BUを持ってるのはその中でも4人だけだぁぁぁぁ!!!!」


    緑翔「(溜息)……何人居るのか、はもういいですよ。……この日記を覘いた人を驚かせるだけですから。あと…出来ることなら、もう少し静かにしてもらえませんか。…ボク、読書中なので」

    ガウド「…あぁ、煩いって言われたら黙るしかないねぇ…。(ごにょごにょちょっと皆、好き勝手に日記つけちゃったりしてるけど…うん、背後の足りない頭で出した自己表現らしいからさ。いつ終わるのかとか定かじゃないんだよねぇ…!…★が俺に回らなかったのはそのためだったりするんだよ…!


    緑翔「……あの、いつまで暴露を続ける気なんですか…。…小声だろうがさっきと変わってませんよ…。まぁ…ボクもその話に付き合います。…背後は…『選挙とは関係ない人ですからねぇ、働いてなければお小遣いもあまりもらってない、そんな人ですし…お★様とほぼ無縁なんですよね

    ガウド「…なんか、切ない気持ちになるよねぇ…!この日記に出没してない同背後が恵まれているなんてッ!(涙)…………そういえば、緑翔くんもそんな環境なんだっけ…?」

    緑翔「……そのとおりです。あの狼姫くん(b37611)は全く悪くないんですけど、ボクが最後に動いた日は……春まで戻りますね…(遠い目)…狼姫くんを見て、『紅いカフスをつけたソルレオンの人の知り合い』や『蒼紫の描き手(称号』の知り合いという方々には何人かお声をかけてもらっていたり……【
    One's own pace】は、本当に預かっている結社なのか、ボクには判断出来そうにないですけど…狼姫くんを含めた3人は少なくてもボクです」

    ガウド「…緑翔くん、何か悪いものでも食べた?えらく饒舌に喋ってるけど…」

    緑翔「……何言ってるんですか、ボクは喋れるときに喋ってるだけですよ…」

    ガウド「……そうだよね、喋れるときに喋っておきたいよね!その気持ち俺もよーく分かる(笑」

    緑翔「…全部、背後の陰謀な気がして仕方がないんですが…」

    ガウド「…諦めるしかないのかねぇ…!!とにかく、俺と同背後の事で驚かしてたらごめんなさいっ…!」

    緑翔「…今度から、名前は挙がるけど本人がやってこない空間になるでしょうから、予め断って置きます」





    ガウド「……でもさ、俺とその他の同背後って、すぐに判別が付くよね…!」

    緑翔「……でしょうね、気が付くと口調が一緒ですし(苦笑)」

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    Trackback URL
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]